お茶を飲むだけ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄西と喫茶養生記

お茶と栄西 栄西の功績 栄西と喫茶養生記 参考 お茶と栄西 鎌倉時代初期の建久2年(1191)に僧の栄西禅師が宋から帰国しました。 栄西は臨済宗の開祖であり、2度の渡宋により、臨済禅を学び、帰国しました。 この時に茶の種子を持ち帰り、筑前(福岡)の背振…

大福茶

大福茶 大福茶の起源 六波羅蜜寺と大福茶 大福茶 関西では、古くから正月に「大福茶」を飲む習慣があるそうです。 大福茶とは、お茶に梅干しなどをいれたもので、正月のほか、結婚式などのおめでたい席でも出される縁起物として飲まれています。 最近は、関…

お茶の歴史 古代〜平安時代

神農帝が解毒薬として利用した お茶の記録 日本とお茶の出会い 奈良時代からお茶は日本に伝来していた 神農帝が解毒薬として利用した お茶の歴史は伝承によると、紀元前2800年頃にさかのぼります。 中国の本草学の始祖といわれる神農帝が野草を研究している…