お茶を飲むだけ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事メモ ステーキ牛丼のお店について。

食事

伊勢神宮前。

建物が新しく、お土産屋さんに隣接しているステーキ牛丼のお店。
11:45頃に入店。

ステーキ牛丼 国産牛70g 1600円。
松坂牛特上の90g 3600円もあったが、おそらく一番頼まれるであろう1600円のものを食べた。一般的な金銭感覚の消費者は昼食に3600円はなかなか出さないと思われる。とは言っても1600円もけっこうな値段ではある。3600円と比べたら安いかと思ってしまう心理学でいうハイボールテクニックか。

 

最初はお茶が気になる。お茶は伊勢茶らしいが、色はよく出ているものの、味が薄い。急須で入れてくれているが、安いほうじ茶だろうか。聞いてみたものの、店員分からず。

 

ステーキ牛丼は頼んでから3分程度で来た。早くて嬉しいものの、もう少し待たせて欲しかった気もする。ファストフードか。
ちょっと奮発した時は、待つ時間も楽しみの時間になる。待たせすぎるのもよくないので、塩梅が難しい。

 

f:id:kamyuuuu:20170117125659j:image


ステーキ牛丼。
牛肉の下にはソテーした玉ねぎ。レタス。にんじんのグラッセ。フライドポテト。が載っていて、ステーキ牛丼!というかんじでよい。

 

牛肉を持ち上げてみると、意外に薄かった。そういえば、1600円の牛丼はメニューに写真がない。松坂牛のステーキは少し厚めに切られているのだろうか。
薄い牛肉を食べると、ステーキというよりは焼肉というかんじがする。
お肉は柔らかくて美味しかった。
ソースは甘辛いかんじで、ご飯によく合う。

ご飯が美味しい。炊き加減がちょうどいい。粒が立っているし、甘みがある。

 

赤だしの味がちょっとよく分からない。
独特の発酵したような香りと酸味を感じる。好みが分かれそう。

お新香は、大根の甘酢漬けと、水菜の漬物?

 

ここまで書いたところで自分の感覚に自信がないので食べログを見てみたが、点数が3.09だった。
誰が来てもこれくらいの感想のようだ。少し安心した。

 

4人×15席で、MAX60人の席数。
ホールが3人。
キッチンが5人。
11時台は空いていたが、12時すぎると満席に近くなった。


満席になったからと言って、回転率が高いわけでもなく、注文もそれほどあるわけではないので、ホールの方は所在無げに立っている。人件費が潤沢にあるのか。

 

このお店は立地が抜群にいい上に、席数があるおかげで、バスツアーで来た伊勢神宮からの客が大量に来る。

ツアー客は、
・お昼用にお店を調べることをしない人が多い(自分で調べるのが好きな人はツアーを利用するよりもフリープランで自由に旅行する)
・疲れている人は休憩時間に動き回りたくない
・時間が決められているおかげでお腹が空いているので早くご飯が食べたい
・団体行動をしたいので、小さい店を選びづらい
などの傾向にあるので、観光地では立地がよければそれだけで商売になる。
特に1人が年に1回来る程度の頻度でも、スポットとして強ければリピーターを意識する必要もない。

お客さんに、料理について感想を述べられたり、質問されたりしても、ホールの担当の方は特に料理については分からないようで、勉強不足だと思われる。

 

以前に行った、神楽坂のステーキ屋のランチの方が美味しかった。

昔からお肉は国産のものしか家では買っていなかったので、肉の良し悪しは多少分かるようだ。

 

そう考えると、味覚は経験値なのだと思う。多く食べたもの対しては敏感になる。
お酒について詳しくなりたいと思っているが、日常的にはまったく飲まないので、今後に期待したい。

 

※自分用の思考メモです。お店の名前を出すつもりはありません。