お茶を飲むだけ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抹茶 実験 1.4g 40ml 80℃ 西尾の抹茶 富士のかぶせ茶

抹茶

今日の抹茶 銘 白妙
ブレンド 愛知県西尾市 磯貝茶舗様の朝日の栄と富士山まる茂茶園様のかぶせ茶をブレンドして頂いたもの。
神崎御好み。

西尾の香り豊かで、苦味と甘味のバランスのとれた碾茶に、富士の甘みがあり、スッキリ後味のかぶせ茶を混ぜていただき、抹茶をあまり飲んだことのない方でも飲みやすいお抹茶に仕上げていただいております。

 

f:id:kamyuuuu:20170118130718j:image

 

抹茶量 1.4g程度

湯量40ml 柄杓半分

湯温80℃

茶碗 唐津焼

茶筅振回数 60回程度

 

抹茶量を少し多めに、湯量は標準程度、湯温は沸騰していないくらいの温度で。

 

子供さんに飲ませてあげる時は、あまり熱いと火傷してしまうので、温度は低めの方がいいですね。

90℃くらいで点てる時とは違って、香りはのぼってこないのですが、まろやかな味になります。

茶の味の好き嫌いは分かれるので、泡をフワフワにしたい時は抹茶を多めにして、楽しんでもらうのもアリだと思います。

 

唐津焼は、茶だまりの部分が深く作ってあるので、空気が混ざりやすいためか、泡が立てやすいようです。

腰のあたりの広がり方も絶妙なので、持った時にも標準的な手の大きさの男性ならおさまりやすいかと。